長期保有建てで時間を有利に使う

長期保有建てで時間を有利に使う

個人投資家は資金が少ないので大きく張ったり、何度もナンピンしたりといった機関投資家のようなパワープレイはできません。もちろん自らの注文でトレンドを起こすような真似は出来ません。あくまでトレンドフォローであり、流れに乗るのが基本です。しかし個人投資家は自分の利益のために投資をしているのであり、損失を出しても、誰かに責任を咎められることはなく、あくまで自己責任ですみます。含み損失があるなら、損切りもありますが、長期ホールドでもよいのです。何か理由をあって注文を建てたり、決済する必要はないのです。毎月毎年度の決算もなく、ご自身の都合の良い時に建て、決済してよいのです。資金はなくとも時間は自由に使ってよいのです。どうせならそれを最大限利用しましょう。最も有効なのがナンピンです。レンジ相場ではトラップリピートとも言います。資金を集めて、大きく稼げなくても細かく無限にナンピンしてトレンドが反転するまで待ちましょう。かぶと違いFXはずっと円安になったり、円が0になることはありません。どこかで中央銀行や政府の介入が入るので、行き過ぎたトレンドは必ず是正が入ります、つまり円安や円高の圧力が高まってもいつかは反転が置き、元に戻るのでそれまでホールドし続ければいずれ勝つことが出来ます。