FXで今より稼ぐには利益の幅を広く取ることが大切と知りました

FXで今より稼ぐには利益の幅を広く取ることが大切と知りました

最近は失敗トレードをすることがなくなってきて、以前と比べたら自分でも別人と思えるくらい成績が良くなってきました。だからかなりいい気分でFXをしているのですが、負けなくなる方法がわかるようになって以来、勝ち方について考えることが多くなっています。決めたルール通りに損切りをしていれば被害が最小限になるものの、一方で勝って利益を取ったときに多くの額を目指さないといけないことに気づいたからです。
初めのうちは自信のある鉄板パターンがきたときに枚数を増やして稼いでいて、これだけでもそこそこバランスのいいFX取引になっていたと思います。でもパターンに合わせたやり方に留まらず根本的に利益を大きくするには、利益確定のポイントを見直すことが先決じゃないかと疑問を持つようになったのです。できるだけ利益を逃したくないという思いが常にあったから、まだ伸びそうなときでも早めに決済している弱気な手法を使っていることは昔から自覚していました。
そんなところを変えたくて、ドル円で大体30pipsを超えたら迷わず決済のボタンに指を伸ばしていたのを40pipsまで待つ戦法で毎晩FXをしています。急に幅を変えるのは心理的に10pipsが限界で個人的には大きな数字だったけれど、夜の相場は10pipsくらいならドル円でもすぐ動くから、同じ勝率で利幅が増えて結果的に利益がじわじわ増えてきました。