金融緩和が経済に与える多大な影響について

金融緩和が経済に与える多大な影響について

日本の失業率や雇用に関する指標は為替市場においてはアメリカの雇用統計ほど注目されていませんが、日銀の金融政策決定会合は投資家にとても注目されます。それは日銀が政策金利を引き下げたり、追加の金融緩和を発表すると為替市場ではすぐに円安に大きく振れるからです。それだけ日銀の金融緩和は為替市場に大きな影響を与えるのです。つまり円を刷ることで円安ドル高に誘導したいのでしょう。もちろん株価にも影響されます。日本は工業製品を作り、海外に輸出することで経済が回っており、円安になれば海外に輸出を行っているメーカーの株価が上がり、それを下請けるグループ会社の株価もつられて上がります。日本の大手企業は輸出銘柄が大半を占めるので、市場全体が活性化し、株価を押し上げるのです。株価が上がると企業にお金が回るようになり、新たな設備投資に回したり、従業員の給与に反映されます。そしてお金が世の中に回り、国内経済が高回転で回りだすのです。このようにして為替市場に溢れたお金が巡りめぐって実態経済に行き届くのです。ここまで先のことを予想して投資家は円売りに走るのです。つまりFXで稼ぐにはいかに未来の経済を先取りして物事を見ていられるかが大事なのでしょう。