FXはスプレッドの狭い証券会社で!

FXはスプレッドの狭い証券会社で!

FXを経験している人は十分にその重要性を理解していると思いますが、為替取引において何より大事なのはスプレッドと呼ばれるものになります。
スプレッドとは株取引の様に手数料というものが無い代わりに同じ時刻で取引をしても買う際の値段と売る際の値段の差額の値の事を言います。
例えばスプレッドが0.5だと仮定すると1ドル105.505円で購入した直後に売ろうとしても105.500円となってしまいマイナスとなってしまうのです。
つまり、このスプレッドという値が高ければ買った値段以上の価格で売るためには必要以上に大変な思いをしなければいけないという事になります。
スプレッドというものは証券会社によって値が異なっておりFXを始めるうえでいかにスプレッド幅が狭い証券会社を選ぶかという事が重要となってきます。しかし、証券会社の利用規約などにも記載があるかと思いますが急にスプレッドの変更があったりという事もありますので証券口座は複数用意しておいた方が勝利への近道になるかと思います。