FXのスイングや長期トレードを行う際の注意点

FXのスイングや長期トレードを行う際の注意点

FXと言えばスキャルピングやデイトレードのような短期での運用が主流ですが、数日から数か月、あるいは年単位で運用をするスイングや長期トレードを行う方もいます。

 

長期運用を行う上でのメリットはスワップ金利です。昔はドル円や豪ドルで一ポジションで一日100円から200円付与されていたので、年間運用すると三万から六万円ものスワップ金利が付いていたものです。時代が変わり主要通貨の金利はだいぶ下がってしまいましたが、それでも今の貯金金利に比べるとはるかに高い金利が得られます。

 

お勧めの通貨ペアはこれから段階的に政策金利を引き上げる米ドル円と資源国の豪ドル円、ニュージーランドドル円です。外国通貨ペアでは売りポジションでのユーロドルがお勧めです。

 

長期運用を行う上で気をつけておきたいのが口座への入金です。FXの長期運用を行うと一年で為替は大きく変動しています。利益が乗っていれば良いのですが、大きくマイナスになっていることもあるでしょう。為替の変動があるのでマイナスになるのは覚悟しなければなりませんからポジションがロスカットにならないよう十分な資金が必要です。

 

そして最終的に利益を上げるためにはポジションのエントリータイミングも大事です。数年間の為替変動からエントリーをする位置を決めておくことも大事です。例えばここ数年間で最も高いところでポジションを持ったとしてそこから更に上昇する保証はないですよね。為替は上下変動するものですから買いなら低いところで、売りなら高いところでエントリーすることです。

 

長期運用はほおっておくというイメージがありますが、エントリータイミングや資金管理を誤ると大きな損失となります。これらの点を注意して長期運用してみてください。