FXは通貨の種類によってスプレッドが違いますので注意して下さい

FXは通貨の種類によってスプレッドが違いますので注意して下さい

FX初心者に注意してもらいたいのが、取引通貨によるスプレッドの違いです。そんなの大した事ないだろうと思いがちですが、例えばドルとユーロだと約3倍のスプレッドの差があったりします。これは取引に使う証券会社でも違います。ですので必ずというわけではありません。

 

ドルとユーロだけの問題ではありません。他の通貨でもスプレッドは大きく違います。証券会社によってはそのスプレッドが変動する場合もあります。もちろん固定だと言っている証券会社でも為替によっては変動したりもします。

 

スプレッドは取引毎に必要です。ですので、デイトレードで1日に何度も取引をする人にとっては重要になってきます。逆に長期間での取引を考えているのならスプレッドはあまり気にしなくても大丈夫だと言えます。

 

以上の事から、初心者は出来るだけスプレッドの小さい通貨で取引をするのがオススメです。まだまだ慣れていないうちにスプレッドが大きい通貨で取引をしてしまうと損をしてしまう事が多くなってしまいますので気を付けて下さい。

 

もちろん慣れてきたらいろいろな通貨で取引をするのも大切です。しかし、FX初心者の内は無理をせずにスプレッドの小さな通貨での取引が圧倒的にオススメです。参考にしてみて下さい。