FXをするときの一番の相棒はRSI

FXをするときの一番の相棒はRSI

為替チャートを分析するときは誰でも何かお気に入りのテクニカル指標を使うと思います。私にもそういった全面的に頼っているものがあって、どれかひとつだけチャート上に残すとしたら個人的にはRSIを選びます。世の中にはFXの分析方法がたくさんありますが、なんだかんだで普通なら移動平均線を一番見ているはずです。そんな超有名かつ重要なものよりもRSIを推すのは、トレンドもレンジも両方見極めることができてどんなときにも方向がわかりやすいからなのです。
今まで見てきた中で得た経験則から自己流でRSIを使っていて、もしかしたら正しい扱い方とは違うのかもしれませんがこれで勝ってきたから今更変えられません。一定の数値まで来たら折り返すという代表的な使い方はもちろん、ローソク足と同時に見て位置関係から本当のトレンドかどうか見るのにも使えてFXでの利用価値は高いと感じます。特に、個人的に勝率が高いのは長期のチャートなので、それに引っ張られる形で取引のサイクルがデイトレからスイング寄りになりました。一日の取引回数が減っても高い勝率の利益で回収できることもあり、安定性はプロレベルにまで向上した気がします。