FX初心者はスプレッドにも注意が必要ですので気を付けて下さい

FX初心者はスプレッドにも注意が必要ですので気を付けて下さい

FX初心者が案外見落としがちなのがスプレッドです。スプレッドとは、よく売りと買いの間に表記してある数字です。0.3とか0.5とか表記してありますよね。あれの事です。簡単に言ってしまえば手数料のようなものです。

 

このスプレッド、取引毎に必要になります。という事は、1度の取り引きが完了した時に2度掛かる事になります。つまり、表示されている数字の2倍の手数料が掛かるという事です。例えばスプレッドが0.5であれば1、0.3であれば0.6掛かるという事です。ちなみに、日本でFXをやっている場合、単位は銭になります。

 

たった数銭の事じゃないかと思ってしまいますが、これは1通貨での話です。FXは10,000通貨または1,000通貨で取引するのが一般的です。つまり、実際に掛かる手数料は10,000倍、1,000倍となるわけです。という事は、0.3のスプレッドで1,000通貨で取引完了した場合、0.3の1,000倍で3円、その2倍ですから6円掛かるわけです。

 

ですので、1度の取り引きで利益が6円以上出なければ損をしてしまうという事です。これが10,000通貨であれば10倍の60円以上の利益が必要という事になります。

 

案外その事に気が付かずに損をしてしまうFX初心者は多いです。微妙な損失ですが、それが重なればいずれ大きな金額となりますので注意して下さい。