短期間でのFXのトレードで一番大切なのは反射神経です

短期間でのFXのトレードで一番大切なのは反射神経です

これからFXをやろうと思っている人で、特に短期間でのトレードをと考えている人は反射神経が大切だという事を覚えておいて下さい。何かのニュースが出た場合、特に経済系のニュースの場合はあっという間にトレンドが変わります。その際にいかに早く売り、または買いが出来るかが大切です。

 

長期間でのトレードの場合はニュースに対してじっくりと分析をする必要があります。今後最終的にはどうなるのだろうかと慎重に見極める必要があります。ですが、短期間でのトレードの場合はニュースが出た瞬間に世界の人達がどう感じるのかを直感で判断してトレードした方が成功しやすいんです。

 

もちろん長い目で見ると逆に動く事もあります。ですが、短期間のトレードの場合はその時の動きだけで十分に利益が出ます。ですので、自分がこうだと思ったらすぐにエントリーする必要があるんです。もたもたしていると気が付いたら自分の考えて逆に動いてしまい、結果チャンスを逃す事になってしまいます。

 

直感が必ずしも正しいとは限りませんが、一日に何度もトレードするわけですから一度や二度直感が外れたからといって大した問題にはなりません。短期間でのトレードは一回大きな利益が出ればトータルではプラスになる事も多いので、迅速な行動を心がけるようにして下さい。