ここ最近、まったく読めないドル円相場

ここ最近、まったく読めないドル円相場

1年前の今頃、ドル円相場は確実に円安の流れでした。
来年の今頃は1ドル140円になっているかもしれない、そう思ったものです。
しかし、それから1年経った今、ドル円相場は110円前後を推移しているのです。
このまま行くと何かのきっかけで100円割れが起こるかもしれません。
こんなことになると、誰が予測できたでしょうか。
少なくとも私には出来ませんでした。

 

実際1年前の私は円安相場がこのまま続くと予測していました。
しかし相場は水物なので、全力でロングポジションを取ることはまずいと思い、
結局、様子見として少しだけロングポジションを増やしましたが、それ以上は何もしませんでした。
それがファインプレーになるとは、本当にFXは難しいものです。

 

FXで儲けるキモといえばファンダメンタルズ分析ですが、
その分析がここまではずれるとは思いませんでした。
まあ簡単に分析できてしまったら、それはそれで面白くないものですが、
ここまではずれるとさすがに落ち込んでしまいます。
FXの奥の深さを、今さらながらに痛感しました。