狙いは英ポンドになるのか

狙いは英ポンドになるのか

FX取引を実践している者にとっては、為替相場の波乱は楽しみ以外の何者でもありません。
もちろん、損失を食らう可能性も50%の確率であるのですが、あとの50%は大儲けの可能性だからです。よく、相場取引をするのにヘッジをかけておくほうが常識であるというような言い方をする場合もありますが、FX取引は大儲けか大損かと覚悟して取引していますから、ヘッジをかける気はさらさらありません。損をしても構わないようなお金をつぎ込めばいいだけです。
最近の波乱の狙いはイギリスのポンド相場で間違いないでしょう。EU離脱が決まってからもポンドは不安定な動きをしていますから、ちょっとしたことがあればポンドは上にも下にも大きく動く可能性は高いのです。それにイギリスのポンドは取引量がそれほど多くありませんから、大きく上下に振れが大きくなる可能性も低くありません。いわゆるオーバーシュートしてしまうのです。さて、イギリスのポンドはどうなっていくでしょう。