どうなるドル円

どうなるドル円

昨日は104円を大きく越え105円も見えて、「ようやく104円をめぐる攻防に決着がついたか。」などと思っていましたが、朝起きたら103円間近になっていました。
まだまだ攻防は続きそうです。
基本的には104円を突破したら買い、突破できなかったら売りで考えていますが、まだまだ決着がつきそうになく様子見の日々が続きそうです。

 

その他、気になる通貨としてはユーロドルが日足サポートラインに位置しています。既にロングポジションを持っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、短期足でチャンスを窺っていきたい状況ではあります。短期足ではダウントレンドの形が崩れてきていますので、エントリーの機会はもうすぐかなと感じています。

 

ちなみに、こういう時に焦ってエントリーして後で後悔していたのが若かりし頃の私です。トレードが利益に終わっても損失で終わっても悔いが残らないようにするためには、やはりトレードルールをきちんと守っていくことが大切でしょう。ルールさえ守っていれば精神的なダメージは少ないかなと思います。