FXで勝つにはスキャルピングを脱する事でチャンスあり

FXで勝つにはスキャルピングを脱する事でチャンスあり

FXは値が上がるか下がるかの二択だけなのに、80〜90%の人が負けるとされています。負ける理由としては、損切が出来ないや一度の負けが大きいなどが理由となります。これを克服するには、短期投資のスキャルピングを何度も繰り返す事で、勝てなくても負け損失を少なくする事は可能となります。
しかし、手法が確立しないとやる度にマイナスになるほど、勝つことから遠ざかってしまうのです。では、FXえ勝つには一体どうすれば良いのでしょうか? それには、スキャルピングにしろ最高のタイミングで取引をする事です。これは、一日の取引回数を減らす事になり、負けてもダメージが少なくなります。大きく動くであろうタイミングだけで、建てるようにするのです。すうと、回数が少ない事での心理的な余裕も生む事となり、精神も健全になります。精神が落ち着くと、自分の負けた結果を冷静に判断出来るようになるのです。だから、ここのやり方が間違っていたと学習や反省が出来ます。
いくらスキャルピングでも一時間で数回以上の取引をするのは無謀なのです。これは勝機チャンスが到来しているのではなく、スプレッドを失いに自ら参戦するようなものなのです。そうではなく、スキャルピング的な入り方で建てても、時には数十分も保有する事はあるのです。この違いに気が付くと、FXの光明が見えてくるでしょう。