FXは最初に損切り注文しておくと失敗が少なくなります

FXは最初に損切り注文しておくと失敗が少なくなります

FXで失敗する人の多くが、迅速な損切りが出来ない事が原因で失敗しています。もう少し待っていたら元の値まで戻るかも知れない、そう思ってどんどん損失を大きくしてしまうんです。FXで失敗する初心者の人はほとんどがこのパターンです。

 

という事は、損切りさえ上手く出来れば失敗が少なくなるという事です。そこで行ってほしいのが、注文時に損切り注文も同時に出すという方法です。いくらで買うと注文する時に、いくらで売るというのも同時にするわけです。スマホアプリやパソコンのツールによっては最初からそういった注文の仕方が出来るようになっているものも多いので、やり方はそれほど迷う事は無いと思います。

 

この方法により、もう少し待っていたら値が上がったのになんて事も多くなりますが、逆に一気に値が下がったり上がったりして大損する事が無くなります。つまり、大きく負けなくなります。そうなればほとんどの人は利益が出る可能性が高くなります。そんなに難しい事ではありませんので是非試してみてください。